お久しぶりです。こんばんは。

随分長い間放置してしまってました。
更新していない間は割とバタバタしていた気がします。主に仕事で。
あとは地元の新竪町のノワイヨ (Click!) で長澤ま○みさんと遭遇したりもしました。

そんなことがあったりなかったりしながら、
世間がお盆でワイワイしてる内にひっそり写真サイトを再開しちまおう。
と目論んでいたので試運転でゴーです。
掲示板はレスがなかなか出来なかったり、
放ったらかしになることも多々あったりで申し訳ないので外しました。

世間はお盆休み真っ最中ですが、僕は多少緩めながらも仕事してます。
今年はお盆に休みをとらないことにしました。
休み明け(休み中)に納品の仕事や、
手をつけていない仕事を進めないといけない状況だったので、
本格的な休みは9月にとろうかなと思ってます。
来月、仕事が緩い月だったらの話ですけど(どんなに遅くても10月には…)。

休みを利用してひっさしぶりに旅にでも出ようかなと。
旅に…というよりは、会いたい人達に会いに行く。といった方がいいかもしれないです。
東京と、あともう一カ所。2、3回に分けて行かないと無理かな。
旅行らしい旅行は大学の頃にしたっきりなので、たぶん10年ぶり。
どうなることやら!チケットってどうやってとるの???な状態です。
お蔵入りにならないように、頑張ります。

ではひとまず再開ということで、よろしくお願いします。
写真は随時アップしていきます。
Img20080826184948
「ぐるりのこと」を観た。

リリーさん初主演の映画ということで楽しみだったし、あまり情報を入れずに。

「夫婦」という関係。
上っ面だけではなく、お互いの深い部分にあるドロリとした部分も認め合って、
時には馴れ合ったり依存したりしながら生きて行く。
そんな関係でありながらも、リリーさん演じるカナオの「心の中なんて誰にも分からない」
っていう言葉が印象的でした。

裁判(法廷画家)の場面は非日常的でありながら、「人」が起こした事件という部分が、
どこか二人に通じるような気がしてならなかったです。上手く言えないんですけど。

全編を通してとても儚げで、今にも壊れそうな切ない雰囲気が漂っているんですが、
映画の中の二人が特別な訳ではなく、どの夫婦も、どの二人も同じなんだろうなと。

夫婦とは、とても泥臭い関係だと思う。だからこそ素敵なんじゃないかなと。


リリーさんと木村多江さんがスゴく良かったです。
Img20080827012702
Img20080828212033
「ぐるりのこと」公式サイト (Click!) のブログに、

倍賞美津子さんが居眠りしてるリリーさんを見つけて
「マーくん、起きんしゃい!」と言って起こしてあげた。

というエピソードが書かれていたのを読んでとてもキュンキュンした。
リリーさんの反応はどんなだったんだろ。
(倍賞さんはドラマ版「東京タワー」のオカン役だったんです)
Img20080904012147
悩むことを怠けてはいけないなと思う。